ジャンプ

最近の少年ジャンプって子供っぽくなったよな

Jスターズ ビクトリーVS アニソンサウンドエディション(予約特典:「Jスターズビクトリーブック」付)

1 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2017/06/12(月)08:55:00 ID:jXU

コロコロコミック並みに幼児化してないか?

続きを読む

週刊少年ジャンプ2017年28号の感想

Jスターズ ビクトリーVS アニソンサウンドエディション(予約特典:「Jスターズビクトリーブック」付)

続きを読む

もう誰も覚えてないだろと思うジャンプ打ち切りマンガ

Jスターズ ビクトリーVS アニソンサウンドエディション(予約特典:「Jスターズビクトリーブック」付)

1 名前:風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2017/06/09(金) 23:16:30.94 ID:P6MIp6gl0.net

ウルトラレッド

続きを読む

ハンターハンターのヒソカさんがギリギリ勝てそうなジャンプキャラwwww

Jスターズ ビクトリーVS アニソンサウンドエディション(予約特典:「Jスターズビクトリーブック」付)

1 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2017/06/07(水) 19:04:52.062 ID:iKwRDCPC0.net

ドラゴンボールのナム

続きを読む

元ジャンプ編集長・鳥嶋和彦「インターネットは何かを共有したり拡散したりするのには向いてるけど、クリエイティブなものを作るのには向いてない」

Jスターズ ビクトリーVS アニソンサウンドエディション(予約特典:「Jスターズビクトリーブック」付)

1 名前:名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2017/06/09(金) 00:40:15.77 ID:0.net

鳥嶋氏:
申し訳ないけど、僕はネットから何かクリエイティブなものが生まれることはないと思う。
会社でも、「コンテンツの生まれる場所としては、相手にしなくていい」と言ってるしね。

鳥嶋氏:
コンテンツが生まれるときに、クローズドな環境であることと、有料の場であることは欠かせないんですよ。
でも、インターネットにはその両方がないじゃない。
だって、インターネットのそもそもの始まりは、軍需産業や図書館、大学の研究室みたいなところにあるわけでしょ。
そこには市場の発想がないんです。
無論、そういう出自のテクノロジーだから、何かを共有したり拡散したりするのには素晴らしく向いている。
でも、ここから何か本当に新しいコンテンツが成功して、生まれてきた事例なんてないでしょう。

http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/torishima/5

続きを読む

エロ漫画描いてほしいジャンプの漫画家って誰?にわか「尾田」バカ「矢吹」

Jスターズ ビクトリーVS アニソンサウンドエディション(予約特典:「Jスターズビクトリーブック」付)

1 名前:風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2017/06/05(月) 12:49:28.02 ID:op3nz0XIM.net

わい「冨樫」

続きを読む

ジャンプ編集部が情報提供呼びかけていた注目新人“藤村どら”さん、見事に手塚賞に準入選

1 名前:ニライカナイφ ★ 投稿日:2017/06/06(火) 07:12:36.02 ID:CAP_USER.net

集英社が主催する新人漫画賞「第93回手塚賞」の選考結果が、6月5日発売の「週刊少年ジャンプ」誌上で発表されました。
注目の新人 “藤村どら”さんの『転生起-HAKUSAI-』 が見事準入選に輝き、賞金100万円を獲得しています。
ジャンプ編集部・ジャンプSQ.編集部は4月24日、 「ご応募くださいました方の中から、『藤村どら』というペンネームの方と急ぎ連絡を取らせていただきたいと考えております」 として、関係者に「本名・住所・電話番号」の提供を求める異例の告知を公式Webサイト上に掲載。
素性を伏せた新人が受賞を果たせば、漫画『響 ~小説家になる方法~』の主人公のようだと、SNS上で話題をさらっていました。

公式Wbeサイト上で情報提供を呼びかけていました(現在はページ削除済み)

準入選を果たした『転生起-HAKUSAI-』は、来世で“白菜”への転生を願う少年少女の物語……。
あらすじを読んだだけでは意味不明ですが、講評欄では鳥山明さんと尾田栄一郎さんが絶賛のコメント。
ハシラの一文にも、「全審査員が受賞作に推薦!! 前代未聞の超大作現る!!」と、ただならぬ作品であることを感じさせます。

■講評
●尾田栄一郎先生のコメント
まさかのラブストーリーに驚いた。また白菜で物語を描き切った根性を称えたい。絵もシンプルだが魅力がある。
●鳥山明先生のコメント
ユニークな設定や展開がよく練られてていて面白かった。

なお、今回の手塚賞では『転生起-HAKUSAI-』以外にも、比良賀みん也さんの『移ろう時の中で』が準入選。
また、島村真人さんの『M』、岩倉具弘さんの『No Face -宮本くん-』、植木浮絵さんの『泰安妖行』が佳作に選出されています。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/05/news075.html

続きを読む

このブログについて
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
カウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
オススメ